事業毎の採算性の計算を練習しよう|セグメント別貢献利益の練習問題

最終更新日

セグメント別貢献利益

前回はセグメント別貢献利益について解説しました。これで事業や製品、地域などの単位で採算性を計算できます。

前回は解説だけで終わってしまったので、今回は練習問題と解説です。

練習問題

架空の会社を4社出しますので、計算してみましょう。

練習問題1

A社は3つの事業を持っています。各事業の売上高・変動費・固定費は下記のようになっています。各事業の貢献利益を計算してください。

科目X事業Y事業Z事業
売上高5,0001,5003,300
変動費2,0003501,500
固定費2,0008001,350
A社の各事業の売上高・変動費・固定費

練習問題2

B社は4カテゴリーの製品を販売しています。各事業の売上高・変動費率・固定費は下記のようになっています。各製品カテゴリーの貢献利益を計算してください。

科目家電PC家具アクセサリー
売上高15,0007,00011,5006,000
変動費率70%75%60%50%
固定費3,0001,0003,5001,400
B社の各製品カテゴリーの売上高・変動費率・固定費

練習問題3

C社は4つの地域で展開しています。各地域の去年の売上高・変動費率・固定費は下記でした。

科目新宿横浜大阪名古屋
売上高10,0007,0006,5006,000
変動費率70%70%60%60%
固定費2,0001,3001,000900
C社の各地域における去年の売上高・変動費率・固定費

C社の今年の売上高は下記のようになっています。貢献利益を計算してください。ただし変動費率と固定費は変わらないものとします。

科目新宿横浜大阪名古屋
売上高12,0008,8007,6006,900
C社の各地域における今年の売上高

練習問題4

D社は3つの業態を展開しています。各業態の去年の売上高・変動費・固定費は下記でした。

科目カフェレストラン居酒屋
売上高4,0009,00011,000
変動費9203,7803,740
固定費1,5003,0003,500
D社の各業態における去年の売上高・変動費・固定費

D社の今年の売上高は下記のようになっています。貢献利益を計算してください。ただし変動費率と固定費は変わらないものとします。

科目カフェレストラン居酒屋
売上高4,50010,0008,000
D社の各業態における今年の売上高

解答と解説

それでは解答と解説です。用語や計算式がよう解らん!という場合は、前回の講義を参考にしてください。

練習問題1

練習問題1は計算するだけです。貢献利益=売上高-変動費-固定費です。

科目X事業Y事業Z事業
売上高5,0001,5003,300
変動費2,0003501,500
固定費2,0008001,350
貢献利益1,000350450
A社の各事業の売上高・変動費・固定費と貢献利益

練習問題2

練習問題2は変動費の代わりに変動費率が与えられています。計算がひと手間多くなります。変動費=売上高×変動費率です。

科目家電PC家具アクセサリー
売上高15,0007,00011,5006,000
変動費率70%75%60%50%
変動費10,5005,2506,9003,000
固定費3,0001,0003,5001,400
貢献利益1,5007501,1001,600
B社の各製品カテゴリーの売上高・変動費率・固定費と貢献利益

練習問題3

練習問題3はちょっと引っ掛けです。変動費率と固定費は変わらないとのことですので、今年の売上高から変動費を計算し、固定費を引きます。

科目新宿横浜大阪名古屋
今年の売上高12,0008,8007,6006,900
変動費率70%70%60%60%
変動費8,4006,1604,5604,140
固定費2,0001,3001,000900
貢献利益1,6001,3402,0401,860
C社の各地域における去年の売上高・変動費率・固定費と貢献利益

練習問題4

練習問題4はより一層厄介です。変動費率と固定費は変わらないとのことですので、まずは去年の売上高から変動費率を計算します。それから今年の変動費を計算します。その後に売上高-変動費-固定費を計算すれば、貢献利益が出ます。

科目カフェレストラン居酒屋
去年の売上高4,0009,00011,000
去年の変動費9203,7803,740
変動費率23%42%34%
今年の売上高4,50010,0008,000
今年の変動費1,0354,2002,720
固定費1,5003,0003,500
貢献利益1,9652,8001,780
D社の各業態における去年の売上高・変動費・固定費と貢献利益

終わりに

4社4様の練習問題を出してみました。リアリティがある数字かどうかというと、ちょっと微妙ですが、計算には慣れましたでしょうか?

セグメント分けセグメント別貢献利益の計算ができるようになれば、経営管理は一歩前進します。ぜひ身に付けてみてください。

シェアする