黄金比と白銀比は簡単に活用可能で見栄えも良い!デザインにドンドン使おう

最終更新日

黄金比と白銀比を活用しよう

今回は黄金比白銀比について解説します。黄金比という名称は聞いたことがあるかもしれませんが、白銀比という名称は聞いたことがないかもしれません。ここでしっかり解説しますので大丈夫ですよ。

ちなみに先に参考文献を上げておきます。私はこちらの書籍で黄金比と白銀比を学びました。黄金比と白銀比以外にも、デザインに使える様々な知識が紹介されている本です。

【中古】 デザインする技術 よりよいデザインのための基礎知識 /矢野りん【著】 【中古】afb

黄金比とは

黄金比の定義

黄金比とは数学的に最も美しいとされる長方形の縦横比で、1:1.618です。

黄金比が使われているもの

黄金比が使われているものは沢山あります。身近なものではトランプが該当します。

【メール便送料無料!!】 『BICYCLE 赤青セット』※代金引換不可※バイスクル BICYCLE マジックトランプ マジシャン愛用 赤青各1個 バイシクル 手品 マジシャン御用達 STANDARD FACES マジック カードゲーム 手品 マジシャン愛用 プロ仕様

五芒星の三角形も異なる長さの辺の比が黄金比なのだそうです。

五芒星

ちなみに家具など長方形の部分を持つ製品にも黄金比が使われていることがあります。我が家にあるニトリのダイニングテーブルは120cm×75cmですので黄金比です。

ダイニングテーブル (クーボ3 120) ニトリ 【玄関先迄納品】 【5年保証】

クレジットカードやポイントカードのなどのカードや名刺は黄金比に近いです。16:9のディスプレイは黄金比ではありません。16:10のディスプレイなら黄金比に近いです。

身の周りのものやお店で見かけるもののサイズが黄金比かどうか見てみるのも面白いと思います。雑貨でも家具でも黄金比が取り入れられている製品は意外とありそうです。

黄金比の使い方

先ほども書きましたが、黄金比は1:1.618です。小数なのでちょっと面倒です。実際に資料などを作る際に小数点以下も考慮するのは面倒ですので、私は1:1.6で、もう少し解りやすく書くと5:8で使っています。

5:8のサンプルを以下に提示します。

5:8の図形や文字のサンプル
図形や文字で5:8にしたサンプルです。黄金比は5:8にすれば簡単に使えます。

白銀比とは

白銀比の定義

白銀比とは日本の建築や芸術でよく使われている比率で、1:√2(1:1.414)です。

黄金比と比べると知名度はかなり落ちると思いますが、日常的にも目にする比率です。使うと見栄えを良くできるので、黄金比とセットで覚えておいてください。

ちなみに白銀比は法隆寺や銀閣寺に使われているそうです。仏像の顔も白銀比なのだそうです。

白銀比が使われているもの

A4やB5などA・B規格の紙の縦横比は白銀比です。よってコピー用紙やノート、ルーズリーフなどの縦横比は白銀比です。確かにコピー用紙やノートの縦横比は安定感があって馴染みやすいですよね。

白銀比の使い方

白銀比も小数なのでちょっと面倒です。実際に使う際は5:7にすると楽です。私は5:7にして使っています。

5:7のサンプルを以下に提示します。

5:7の図形や文字のサンプル
図形や文字で5:7にしたサンプルです。白銀比は5:7にすれば簡単に使えます。

終わりに

黄金比と白銀比はいかがでしたでしょうか?日常的に見かけるので、ぜひ探してみてください。そして簡単に使えるので使ってみてください。

ちなみに青銅比という1:3.303という比率もあります。とても横長ですね。1:3.3くらいに覚えておけばいいでしょう。横長なものをデザインするときに使ってみるといいかもしれません。

シェアする