仕訳を読んで書き方を学ぼう|仕訳の構造とルール

最終更新日

仕訳の構造とルール

会計の勉強をしていく上で外せないものは沢山あります。仕訳もそのうちの1つです。今回は仕訳について、私が苦戦した経験をもとに解説します。

まずは仕訳を読んで、仕訳の構造やルールを知りましょう。書き方はその後です。

仕訳とは何か?

まず仕訳とは何か?です。何ぞや?の方がいいかな?どうでもいいか…

仕訳とは取引を帳簿に記録することです。仕訳を記録する帳簿を仕訳日記帳と呼びます。

単式簿記の仕訳

まずは下記の記録を見てください。

  • 昼食 500
  • カフェ 400
  • 家賃 50,000

余談ですが、会計の世界では数値3桁毎にカンマを付けます。だから上記の家賃もカンマが付いています。

上記の記録は家計簿を参考に考えました。取引記録というと、何を買っていくら支払ったとか、何を売っていくら受け取ったと考えがちです。こういう仕訳の書き方を単式簿記と呼びます。

複式簿記の仕訳

現在使われているのは上記の単式簿記ではありません。複式簿記というものです。

複式簿記というのは、先ほどの家計簿的な単式簿記よりもかなり複雑です。私は最初、複式簿記がサッパリ解りませんでした。だって2つの記録が1つになっているんだから。

では早速複式簿記の仕訳を見てみましょう。

昼食代500現金500
昼食を食べて、代金として500円を支払ったときの仕訳
カフェ代400現金400
カフェで400円のコーヒーを買って飲んだときの仕訳
家賃50,000預金50,000
家賃を50,000円支払ったときの仕訳

昼食代500円と同時に現金500円と書かれていますね。同時に2つの出来事が書かれていることが複式簿記のややこしさなのです。

複式簿記の仕訳の書き方

上記の仕訳には真ん中に「/」がありますが、人によって書き方が違います。T字に書いている教科書は少なくないですし、「(借方)科目名 金額 (貸方)科目名 金額」という書き方もあります。

色々な会計の本を読んだ中で、私にとっては「/」が一番シンプルで気に入ったということです。よってこの講座では「/」を使います。

でも「/」を使った本は10冊近く読んだ中で1冊だけなんですよね。しかも連結会計の本でした。著者は会計士で連結会計導入支援の会社を経営している方でしたが。

人それぞれで正解はなさそうです。

複式簿記のメリット

複式簿記のメリットはお金の動きとその理由を同時に記録できることです。一番上の例で行くと、「現金を500円使いました。理由は昼食代です。」といった感じですね。

昔の商人たちからしたら、儲けを把握する上で、お金の動きだけでは足りなかったのでしょう。だからお金の動きと理由をセットで書くのです。ちなみに複式簿記が登場したのは15世紀末のベネツィアだそうです。

会計の雑学については下記の記事で書いていますので、読んでみてください。

仕訳の構造とルールについて

仕訳を読むに当たって、仕訳の構造を知る必要があります。とはいってもそんなに覚えることはありません。

仕訳は勘定科目と金額を左右に分けて書く

もう一度、先ほどのランチの仕訳を出してみましょう。

昼食代500現金500
昼食を食べて、代金として500円を支払ったときの仕訳

仕訳は左右に分かれています。左側が借方、右側が貸方です。左右両方に勘定科目と金額を書きます。こうして理由と動いたお金を同時に記録します。

勘定科目の種類や借方/貸方どちらに書くかはこちらの記事を参考にしてください。

勘定科目にはルールがある

勘定科目毎に、借方/貸方のどちらに書くかが決まっています。借方(左側)に書くルールになっている科目を借方に書くと、その勘定科目の金額が増えたことになります。逆に貸方(右側)に書くと金額が減ることになります。

先ほどのランチの例でいうと、昼食代は費用(出費ですので費用という分類になります)です。費用は借方科目であるというルールです。ルールなので覚えてください。

よって昼食代を借方(左側)に書くと、昼食代が増えたことになります。

先ほどのランチの仕訳では、貸方(右側)に現金が書かれていました。現金は資産(資産そのものですからね)ですので借方(左側)に書くルールになっています。

ここでは現金が貸方(右側)に書かれているので、現金が減ったという扱いになります。昼食代を払ったので現金が減るのはごもっともですよね。

仕訳のルールまとめ

もう一度整理しましょう。

  • 仕訳は左右(借方と貸方)に分かれている。
  • 左右に分かれているので、お金の動きと理由をセットで書ける。
  • 勘定科目と金額を仕訳の借方と貸方に書く。
  • 勘定科目ごとに借方/貸方どちらかは決まっている。
  • 借方/貸方を逆に書くと金額が減ったという扱いになる。

仕訳を読んでみよう

では具体的な仕訳を読んでいきましょう。書く前にまず読みますよ。読んで書き方を知ってから書きましょう。Input→Outputの順です。

1:1の仕訳

最もシンプルなのは1:1の仕訳です。借方・貸方ともに1行のものですね。先ほどのランチの仕訳がいい例です。

昼食代500現金500
昼食を食べて、代金として500円を支払ったときの仕訳

お金の動きも、お金が動いた理由も1つずつしかありません。これが最もシンプルな仕訳です。

1:Nの仕訳

次はちょっと複雑になります。借方/貸方の片方が1つで、もう片方が複数あるケースです。早速ですが次の仕訳を見てください。

商品1,000買掛金1,100
仮払消費税100
税抜き1,000円の商品を仕入れて、消費税込みで1,100円支払ったときの仕訳

今度は借方が2行ありますね。一度の取引で色々な勘定科目が必要になるケースがあります。消費税がいい例です。こういう場合、仕訳には借方・貸方ともに複数行書いても良いルールです。

M:Nの仕訳

借方・貸方ともに複数行の仕訳は存在します。ちょっと複雑ですが見てみましょう。

売掛金900売上高1,000
現金200仮受消費税100
税抜き1,000円の商品を売り、現金で200円を受領し、残り900円は掛けの場合の仕訳

仕訳は借方・貸方ともに複数行あってもいいです。そういう仕訳を複合仕訳と呼びます。

ちなみに連結会計ではM:Nの仕訳が出てきます。連結会計は上級レベルなので別の機会に解説したいと思います。

終わりに

初心者のうちは仕訳がサッパリ解らないものです。1度にすべて理解しようとせず、色んな仕訳を読んで引き出しを増やしてみましょう。会計の勉強には慣れが必要です。

私が初心者の頃は、仕事で何時間も仕訳を眺めて、業務を分析していました。そうするとだんだん酔ってくるんですよね。乗り物酔いならぬ仕訳酔いです。

最後に今回のまとめをもう一度。

  • 仕訳は左右(借方と貸方)に分かれている。
  • 左右に分かれているので、お金の動きと理由をセットで書ける。
  • 勘定科目と金額を仕訳の借方と貸方に書く。
  • 勘定科目ごとに借方/貸方どちらかは決まっている。
  • 借方/貸方を逆に書くと金額が減ったという扱いになる。
  • 借方/貸方ともに複数行書いてよい(複合仕訳と呼ぶ)。

シェアする